市立病院に転職した男性看護師

31歳男性/精神科8年、内科3年

自分は看護学校卒業後に精神科病へ入職。その後精神科病院、内科病院へ複数回転職あり。現在は3人家族+犬。子供と犬と一緒に遊ぶことが一番の生きがいですが、趣味が空手やカードゲーム、フィギュア集めなどマニアックな一面も持ち合わせています。プライベートの充実を重視しており、いかに仕事の時間を減らすことが出来るかに力を注いでいる。

理想の働き方

理想の業務内容はデイケアなどメンバーが主体的に過ごすことが出来て、看護師が主になって動かなくても良い環境が整っている事です。あとは訪問看護などさして処置や指導などが必要なく、時間的にもすぐに終わり、移動時間が無駄にかかるのが非常に楽で良い業務だと思っています。

現実は・・

現実は厳しく市立病院の内科に勤務している為、残業も多く、部屋持ちもこれでもかというほど多いです。午後までバイタル測定が押すこともあるので記録はさらに後になってしまいます。17時の定時に帰るのはほぼ不可能な環境です。

理想の給料

理想の給料は夜勤4回ほどで手取り30万円ほどあれば、1ヶ月の生活費+貯金もできるので非常に楽になると思います。

現実は・・

現実は夜勤4回入っても手取りで25万円ほどです。1ヶ月の生活費でほとんど消えてしまいます。

理想のシフト

理想のシフトは日勤→日勤→公休→入り→明け→休み→日勤です。やはり週に1回は夜勤を行わないと日勤だけでは体力的にも精神的にもきついものがあります。

現実は・・

現実は理想とさほど変わらないのですが、時折夜勤が入らない時があるのでそこだけ不満に思っています。

理想の将来像

理想のキャリアプランは勤続10年程で科長クラスになり、出来ればその後15年程で幹部になりたいです。

現実は・・

現実は転職を繰り返しているのでキャリアを積むにはほど遠く、ただの平社員どまりになってしまっていますが、来年あたりは役職がつくと予想しています。